コーヒーを淹れるために必要な道具一式

コーヒーを淹れるために必要な道具一式

せっかくコーヒーを飲むのなら、おいしいドリップコーヒーをご自宅で淹れてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。ここでは、ドリップコーヒーをご家庭で楽しむために最低限必要な道具から、あれば便利なアイテムまでをご紹介したいと思います。「最初に何を準備してよいかわからない」という初心者の方はぜひお読みください。

コーヒーを淹れるために最低限必要なもの

コーヒーをご家庭で淹れていただくには、コーヒー豆(粉)のほかに、ドリッパー、ペーパーフィルター、サーバーの3つが必要になります。とりあえずこれだけあればコーヒーを淹れることができますので、まずはこの3つを揃えるようにしましょう。

ドリッパー

ドリッパーは、挽いたコーヒー豆を抽出する道具で、これにフィルターとコーヒー豆をセットし、上からお湯を注ぐことでコーヒー液を抽出することができます。材質は陶器やプラスチック製、ガラス製などがあり、製品やタイプによって味が変わるため、複数のドリッパーを使い分けている方もいらっしゃいます。

ペーパーフィルター

コーヒー豆をそのままドリッパーにセットしてお湯を注いでしまうと、粉が流れ出てしまうため、コーヒー豆を濾すためにペーパーフィルターが使われます。繰り返し使用はできず、1回ごとに新しいペーパーフィルターを使用します。紙以外に繰り返し使える金属製のフィルターなどもあります。

サーバー

サーバーはドリッパーの下に取り付けて使用し、濾したコーヒー液を受け止める容器です。一般的にはガラス製が多いですが、一部は直火にかけられるものや、保温が効くステンレスタイプもあります。コーヒーを淹れる人数に応じた大きさのものを選ぶことも大切です。

あるとより美味しいコーヒーが淹れられるもの

さらに美味しくコーヒーを楽しむなら以下のアイテムも少しずつ揃えるようにしましょう。

コーヒーポット

コーヒーポットはお湯をドリッパーに注ぐためのもので、植木鉢に使う水差しのような形をしています。コーヒーをおいしく淹れるコツは、一定の太さ(お湯の量)でドリッパーに注ぐことです。ヤカンやケトルでは注ぐ量の調整が難しいため、コーヒーポットを使って上手にお湯を注いでみましょう。

コーヒーミル

コーヒーミルは豆を粉にする道具で、挽きたての香りと味を楽しむことができます。コーヒー豆を粉にしてしまうと、すぐに味と香りが落ちてしまうため、淹れる直前にコーヒー豆を粉にすることが理想と言えます。ミルがあれば豆の状態で保存することができ、鮮度の低下を防ぐことができます。ぜひコーヒーミルを買って、挽きたてのコーヒーを味わってみてください。

ロースター

ロースターは、コーヒーの生豆をローストする道具で、簡易的な煎り網タイプから、本格的な手回しタイプ、喫茶店にあるような自動焙煎機などさまざまな種類があります。コーヒーを焙煎からやってみたいこだわりの方向けのアイテムと言えるでしょう。

違ったコーヒーを楽しめるもの

コーヒーを飲むものではなく、見た目や趣味として楽しんでみてはいかがでしょうか。以下のアイテムでは違った視点からコーヒーを楽しむことができますので、ぜひチェックしてみてください。

フレンチプレス

フレンチプレスは金属のフィルターが取り付けられた筒状の容器にコーヒーの粉を入れ、プランジャーを押し下げてプレスする形でコーヒーを楽しめるアイテムです。油分などコーヒー本来の味わいがダイレクトに味わえるのが魅力です。

サイフォン

コーヒーサイフォンは気圧によってお湯を移動させる仕組みで、アルコールランプを使ってお湯を温めるなど、理科の実験をしているような見た目が楽しいコーヒーメーカーです。コーヒーを淹れるのに時間がかかりますが、移動するコーヒー液が溜まるのを待っている時間も楽しいひとときと言えるでしょう。

パーコレーター

キャンプ場やハイキングなど、屋外でコーヒーを沸かしている人をみかけたことはないでしょうか。パーコレーターはポットのような形をしたコーヒー専用の湯沸かし器で、アウトドアなどで淹れたてのコーヒーを楽しむことができるアイテムです。

このようにコーヒーを淹れるための道具は多種多様で、道具によって味も変わってくるのが魅力の1つです。上記を参考に自宅で美味しいコーヒーを淹れてみてください。

ページトップへ

ページトップへ