コーヒーマシンの選び方

コーヒーマシンの選び方

手軽に淹れたてコーヒーを楽しむ方法として、コーヒーマシンの人気が高まっています。近年ではさまざまな機能が付いたものが発売されており、どうやって選んだらよいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ここではドリップ式のコーヒーマシン(コーヒーメーカー)の選び方やポイントについて紹介します。

機能から選ぶ

コーヒーマシンの基本的な機能としては、お湯をゆっくりと流し、コーヒー液を抽出するということがあります。それに加え、さらに多くの付加機能が搭載されているものがあります。

濃度調整機能

コーヒーの濃度は豆の量でも調整できますが、お湯の流れる量を調整する機能があるコーヒーマシンであれば、同じ豆の量でも濃さを調整することができます。

ミル機能

ミルはコーヒー豆を粉にするもので、いつでも挽きたてのコーヒーを味わうことができます。ミル機能が単体で装備されているものや、挽きから抽出まで全自動で行っているタイプなどさまざまなものがあります。

浄水機能

コーヒーは水道水で淹れてもおいしくいただけますが、浄水機能が搭載されていれば残留塩素やトリハロメタンなども取り除くことができ、さらに美味しいコーヒーが楽しめることでしょう。

ドリップストッパー

ドリップストッパーはフィルターからコーヒー液が滴り落ちるのを防止する機能です。コーヒーサーバーを抽出中に取り外してもポタポタ垂れてこないので、汚れが付かず便利です。

脱着式給水タンク

給水タンクが脱着式になっているタイプでは給水やお手入れがしやすく、わざわざコーヒーマシンごと移動させる必要もないのでとても便利です。

仕様から選ぶ

容量

コーヒーマシンには1回で淹れることができる量が決まっています。シングルやペアで使用するなら1〜3杯用、家族や大勢の方が楽しみたいなら4杯以上用など、用途に合わせて適切な容量のものを選びましょう。

保温性や容器の種類

コーヒーマシンによっては淹れたコーヒーをそのまま保温する機能がありますが、ステンレス製の容器などは保温性能が高く、時間が経過しても温かいコーヒーを飲むことができます。またガラス容器製では保温が効きませんが、電気代がかかるものの、ヒーターで加熱保温できるものもあります。

フィルターの種類

コーヒーマシンには紙フィルターを使うタイプと、繰り返し使えるメッシュフィルターを使うものがあります。紙フィルターはマイルドな味わいになるのに対し、メッシュフィルターはダイレクトに濃厚なコーヒーの味を楽しむことができます。

予算から選ぶ

コーヒーマシンは手ごろな価格帯では3千円程度から購入でき、機能性が優れているものであれば1〜2万円、プロ顔負けの本格的なものですと10万円近いものなど価格帯に開きがあります。コーヒーを淹れるコストとしては、コーヒー豆代のほか、ペーパーフィルター代、電気代などが挙げられます。ペーパーフィルターは100枚ほど入って数百円で購入でき、電気代は沸かすだけで1杯あたり1円以下、10時間保温をした場合10円程度の電気代がかかります。
手軽にコーヒーマシンの購入をお考えの方であれば数千円程度のものを、保温の電気代をかけたくない方は、ステンレス製の保温力の優れた容器のものを、ペーパーフィルターを使いたくない方は、メッシュフィルターのタイプを選ぶとよいでしょう。

このようにコーヒーマシンには多くの機能や仕様があり、間違って購入してしまうと後悔してしまうことも考えられます。上記を参考にご自分のニーズに合ったコーヒーマシンを選んでみてください。

ページトップへ

ページトップへ